https化サイトのお引っ越し

エックスサーバー

WEBサイトのサーバー移行の手順を疑問と共にさらっと解説【初心者向け】

投稿日:2018/12/23 更新日:

クマ
本日は、サーバー移転の一般的な手順についてサラっと解説しまーす。
ぽん
はーい

WordPressのエックスサーバーへの移行についての詳細を知りたい方は下の記事がオススメです。

xs-wp-kantanIko
【前編】エックスサーバーの「WordPress簡単移行 β版」を試してみた / SSL化は必須!
エックスサーバーの機能「WordPress簡単移行」を試してみた。移行は超簡単ですが、SSL化に失敗していまいました。そんな時は、オプション独自SSLを利用してでもSSL化するべきです!

続きを見る

一般的なサーバー移行の簡単な流れ

サーバー移転する時の手順

基本は、旧サーバーでWEBサイトを表示しつつ、新サーバーでも全く同じWEBサイトを構築。新サーバーでの表示が問題ないことを確認して、旧サーバーから新サーバーに切り替え。図にすると、こんな流れです。

サーバー移転の手順

SSL化されたサイトをサーバー移行する際の問題点の解決法については、下記サイト様の記事が大変参考になりました。

クマ
色々勉強しながら理解したつもりで作りましたが、もし誤りがあったらお手数ですがお知らせ下さい。

スポンサードリンク

サーバー移転手順 詳細

step
1
新サーバーを借りて、独自ドメインを設定

ぽん
他のサーバーで運営中の独自ドメインは、新サーバーで設定できるの?

できます。設定したとしても、この時点ではWEBサイトの表示には何の影響も与えません。エックスサーバーでのドメインの設定方法は下の記事をご参考に!

ドメイン
エックスサーバーにドメインを追加する手順【初心者への詳しい解説】
エックスサーバーでドメインを追加する手順を詳しく解説しています。ネームサーバーを変更する前にSSL化する方法にもチョロっと言及。

続きを見る

SSL化(https化)されているサイトを移行する場合(エックスサーバーの場合)

この段階でSSL化を済ませておかないと、後で少々問題が発生します。

しかし、エックスサーバーの場合、無料独自SSLの仕様によりドメインの設定と同時にSSL化することはできません。この先の項目「 step3 」でつまづくので、下記ページも読んでみて下さい。

エックスサーバーへの移行の問題点と解決方法
SSL化(https化)したサイトをサーバー移行する時に起こる問題点と解決方法 / エックスサーバー編
https化したサイトをエックスサーバーへサーバー移行する時にハマったこと。移行時に発生する問題点と解決方法を解説しています。

続きを見る

step
2
新サーバーにデータをアップロード

WEBサイトのデータを新サーバーにアップロードすることはできますが、ドメインと新サーバーは、まだ紐付いていません。

なので、新サーバーにアップロードしたWEBサイトは見られないという宙ぶらりんの状態です。この時、ブラウザでこのドメインにアクセスした時に見えているWEBサイトは、旧サーバーのデータなんですよね。

ぽん
じゃあ、新サーバーのサイトの状態が確認できないじゃん?
クマ
パソコンのファイルをチョコっといじると見られるようになるよ!

step
3
パソコンのhostsファイルを編集して新サーバーのWEBサイトを確認する

パソコン内(Windows、macとも)にあるシステムファイル「hostsファイル」を編集することで、新サーバーとドメインを紐付けることができます。つまり、「hostsファイル」をいじったパソコンだけが、新サーバーのWEBサイトを表示することができるんです。

ただし、その状態では旧サイトのWEBサイトが確認できません。新旧サーバーのサイトを行ったり来たりしたい場合は、都度「hostsファイル」の編集が必要になります。まあ、慣れちゃえばラクですが。

SSL化(https化)したサイトはセキュリティーエラーが発生

ここで一つ問題が。httpサイトは大丈夫ですが、SSL化(https化)したサイトは、セキュリティーエラーが発生してWEBサイトを確認することができません。詳細と解決方法は下記ページへ。

エックスサーバーへの移行の問題点と解決方法
SSL化(https化)したサイトをサーバー移行する時に起こる問題点と解決方法 / エックスサーバー編
https化したサイトをエックスサーバーへサーバー移行する時にハマったこと。移行時に発生する問題点と解決方法を解説しています。

続きを見る

step
4
新サーバー側のメール設定

旧サーバーで設定しているメールアドレスを新サーバー側でも同様に設定し、いつでもメールが受信できる状態にしておきます。

この作業は、次の手順「ネームサーバーの変更」を行う前に必ずしておくべき。そうでないと、ネームサーバーの変更後、受け取れなくなるメールが出てきてしまう可能性があるためです。

ぽん
パソコンのメーラーの設定はどうするの??
クマ
この段階では、メールは旧サーバー宛に届くので、何もいじらなくて大丈夫!

step
5
ネームサーバーの変更

新サーバーにアップロードしたWEBサイトの動作確認とメールアドレスの設定が完了したら、ネームサーバーの変更作業をします。

ネームサーバーの変更とは

旧サーバーに紐付いているネームサーバーを、新サーバーに紐付けし直す作業のこと。

この変更が完全に反映されれば、サーバー移行は完了。ブラウザでアクセスした時に、新サーバーのデータを見ることができます。

クマ
ネームサーバー変更の反映には、結構時間が掛かるよ!
ぽん
どのくらい?

完全に反映されるまでには 数時間から72時間 掛かると言われています。一気にスパっと切り替わるのではなく、インターネットの世界に徐々に浸透していくイメージです。

実際に自分の回線では、反映までに1時間も掛かりませんでした。しかし、別の回線から繋げたら、まだ旧サーバーを参照している可能性があります。メールにしても同様で、新旧どちらのサーバーでもメールを受け取れるようにしておかないと、受信ができなくなるメールが発生する可能性があります。

ぽん
え!?じゃあ、旧サーバーのデータはすぐに消さない方が良いんだね。
クマ
そういうこと!1週間程度は旧サーバーは生かしておいた方が良いという話だよ。
クマ
サーバー移行は、旧サーバーのレンタル期限に余裕がある時期にするべし!

DNSキャッシュの伝播状況

ネームサーバー変更後のドメインの状況は、下記サイトで調べることができます。

step
6
その他にやるべきこと

クマ
下記の事項も忘れずに。

「step3」で編集した「hostsファイル」は、編集前の状態に戻しておく

パソコンのメーラーにメールアカウント(新サーバーのメールサーバーへの接続)を設定

1週間程度は、旧サーバー宛のメールも、サーバーが用意している「WEBメール」を利用してチェックしてみて下さい。

step
7
サーバー移行完了!

ぽん
お疲れさまーー!!

ここで紹介した方法なら、のんびりサーバー移行作業ができます。本番環境なので、実際に公開してから思ってもみないミスやエラーも起きません。また、DNSの切り替え期間に、一時的にWEBサイトが非表示になることもありません。

デザインを思い切り変えたり、WordPressだったらテーマを変更する等の大きな変更を加えたいと考えているなら、サーバー移行のこのタイミングは良いチャンスです。

実際にサーバー移行した時の詳細はこちら。

xs-wp-kantanIko
【前編】エックスサーバーの「WordPress簡単移行 β版」を試してみた / SSL化は必須!
エックスサーバーの機能「WordPress簡単移行」を試してみた。移行は超簡単ですが、SSL化に失敗していまいました。そんな時は、オプション独自SSLを利用してでもSSL化するべきです!

続きを見る

xs-wp-kantanIko
【後編】エックスサーバーの「WordPress簡単移行 β版」を試してみた / サイトの確認とネームサーバーの変更
エックスサーバーの機能「WordPress簡単移行」を実行した後の、移行後のサイトの確認方法やネームサーバーの変更について解説しています。

続きを見る

-エックスサーバー
-,

Copyright© ラボだもんで , 2019 All Rights Reserved.