ロジテック ガチャベイ

商品レビュー

ロジテックの4ベイ HDDケース「LHR-4BNHUC」をレビュー!【2020年の新機種!】

ロジテックのハードディスクケース「LHR-4BNHUC」を設置してみた

最近、動画を撮ることが多くなってきた。しかし動画ファイルは容量がデカすぎる。このまま増やしていくと、すぐにディスクがいっぱいになってしまいそう。

ということで、外付けHDDを増設することに。

クマ
どうせまた増えるから 4ベイのものにしよう!

3.5インチHDD (2.5インチSSD)が4台挿入できるものを探した。

色んなHDDケースのレビューを見ていると、データが消えただとかコワイことがちょこちょこと書かれている。「どれも大して変わらないか?」ということで、とりあえず知っているメーカーであるロジテックのものを選んだ。

クマ
ということで、レビューしていきます!

書いていて色々分からない点があります。もし間違いがあったらコメント欄にご指摘ください。

ロジテックのガチャベイシリーズ「LHR-4BNHUC」

購入したのは「LHR-4BNHUC」。2020年1月に発売された最新機種であります。

ロジテック LHR-4BNHUC

写真中央がハードディスクケース「LHR-4BNHUC」

裏側

本体裏側

自分はデザイン的にはシルバーのオシャレ感のあるものが欲しかった。けど、これもまあまあかな。可もなく不可もなくといったところ。重くなりすぎる「真っ黒」ではない点は良かった。

ただ、本体右側から電源コードがチョロチョロ伸びているのは気に入らない。美しくない。普通、裏側にするよね。

本体右側

本体右側

同梱のUSBケーブル(Type-C)

同梱のUSBケーブル(Type-C)

同梱のパーツ(1セット分)

同梱の取り付けパーツとドライバー

実際に設置してみて、ファンの音を含め動作音は、全然気にならないレベル。使い勝手も悪くないので、基本的に購入して満足している。

「LHR-4BNHUC」の良い点

以下、調べながら書いているけど間違いがあったらスミマセン…。USBの規格のことで頭がゴチャゴチャであります。

  1. 2.5インチSSDが利用可能

    今後の拡張性を考えれば、SSDに対応している方が良いかと。

  2. パソコンとの電源連動機能を搭載

    絶対に付いていて欲しい機能。スリープにも連動してくれる。(PCによっては、スリープに対応していない場合がある模様。)

  3. 「USB3.1(USB3.2 Gen2)」に対応

    転送速度は 10Gbps。一つ前の規格「USB3.0」は 5Gbps なので理論上 2倍速い。SSDの性能を最大限発揮できる。

  4. 最大 14TB × 4台 で 56TB までいける

    ※ SSDは 2TBのものまで

「LHR-4BNHUC」の悪い点

  1. 値段が高い

    「USB3.1」に対応している点が、メリットでもありデメリットでもある。

    一つ前の規格「USB3.0」の機種と比べると、値段がかなりお高い。また、パソコン側が USB3.1 に対応していなければ、宝の持ち腐れになる。(次のPC購入時に対応したものを買う予定ならアリ。自分はこのタイプ。)

  2. 付属の USBケーブルが Type-C のみ

    パソコン側が Type-C に対応していなければ、別途「USB type-A to USB type-C ケーブル」を購入する必要あり。C→Aの変換アダプタはNG。(ケーブルの選び方 は後程)

  3. RAID 非対応

    自分は使わないけど、対応しているに越したことはない。

  4. 対応OSを若干選ぶ

    対応OSは、いずれも日本語OSに限る。また、対応していないOSでは使用できない。

    対応OS(2020年6月現在)

    ・Windows10(32/64bit), Windows8.1(32/64bit), Windows7(32/64bit)
    ・macOS Catalina(10.15), macOS Mojave(10.14), macOS High Sierra(10.13), macOS Sierra(10.12)、OS X El Capitan 10.11, OS X Yosemite 10.10, OS X Mavericks 10.9

転送速度を測ってみた!

実際の速度を計測してみました。(←初めてなので、ベンチマークの見方が詳しくは分からない。とりあえず、一番上の数字を見ればいいんですよね??)

LHR-4BNHUC + Crucial 1TB SSD / 別途購入のUSBケーブル

※ USB3.0 での転送速度となります:パソコン側が USB3.1 に対応していないため
※ USBケーブルは別途購入したエレコム(USB3.1)のものを使用:パソコン側に Type-C のポートがないため

LHR-4BNHUC + Crucial SSD 1TB (MX500)
クマ
あれ??遅すぎない???

公式の数字では、USB3.0 でも 400MB/s くらいはありそうなものですが…!(ちなみに、別の外付けSSD を測ってみたら 423MB/s だった。)

クマ
ケースが悪いのか、ケーブルが悪いのか??それともパソコンの問題?

「そういえば、ノートパソコンには Type-C のポートがあったよね」ということを思い出し、同梱されていた純正の Type-C ケーブルで、このPCとケースを繋いでみた。(このPCも USB3.1 には対応していない)

LHR-4BNHUC + Crucial 1TB SSD / 同梱の純正USBケーブル

※ USB3.0 での転送速度となります
※ USBケーブルは同梱の純正のものを使用
※ OSが異なるため、測定アプリが異なります(測定方法も違う)

LHR-4BNHUC + Crucial SSD 1TB (MX500) 純正で接続
クマ
この速度なら 問題ナシ?

純正ケーブルで接続したら、まあまあな速度が出た。ケーブルがダメなのか、パソコンの問題なのか。詳しくないので、その辺はよく分からない…。でもケースに問題はなさそうなので良しとしよう。

USBケーブルが短い点に注意

このケースを設置する上での難点が一つありました。

それは、USBケーブルの短さ。「USB3.1」の規格では、ケーブルの長さは 1mまでと決まっている。 この商品というよりも、「USB3.1」対応製品であるが故の難点。

Macとの並び

写真の iMacは27インチ。そして、USBポートは右側後方。1mのケーブルでは、この配置でもケーブルの長さにあまり余裕がない。ケースを購入する前に、置ける場所があるか確認しておきたい。

別途必要なもの

HDD または 2.5インチSSD

装着可能なのは、3.5インチSATA HDD2.5インチ SATA HDD2.5インチSATA SSD (2.5インチのドライブの厚さは7mmまたは9.5mmに限る)

自分は2台購入。一つは、動画編集用に 1TBのSSDを。もう一つは、バックアップ用に 4TBのHDDを。

Crucial SSD 1000GB MX500

Crucial SSD 1TB / MX500

ハードディスク WD Blue WD40EZRZ

Western Digital HDD 4TB / WD40EZRZ

設置してから数日。どちらも、しっかり認識して問題なく使えています。

USB Type-C to USB Type-A ケーブルの選び方

パソコンに Type-C の USBポートがない場合は「Type-C to Type-A の USBケーブル」を別途購入します。

USBケーブル TypeC & TypeA

USBケーブル TypeC & TypeA

自分が購入したのは、エレコムの USB3-AC10NBK。でも、これはオススメできるか分らない。(知識不足で、このケーブルが原因か特定できないけど)転送速度が、妙に遅かったので。(前述の 転送速度を測ってみた! 参照)

もともと下の Anker のものが良さそうだったのですが、0.9mと短かったのでエレコムのものにしたのですが…。こちらにすれば良かったかなぁ。

ケーブルは「USB3.1」規格のものを!

誤ったものを選ぶと転送速度が遅くなってしまう。なのに、USBの規格やら名称がごちゃごちゃしすぎていて非常にややこしい。

クマ
何が分かりづらいかというと…
規格名技術名称(新)技術名称(旧)転送速度
USB3.0USB3.2 Gen1USB3.1 Gen15Gbps
USB3.1USB3.2 Gen2USB3.1 Gen210Gbps
USB3.2USB3.2 Gen2×2なし20Gbps
ぽん
全くもってイミフ!

ケーブルを検索していると、何が何だか分からなくなるのはコレのせい。詳しくは下記のサイト様の記事が分かりやすい。

購入の際は「USB3.1 ケーブル type-C type-A Gen2 10Gbps」等で検索すると良い。他の規格と被らない「Gen2」や「10Gbps」をキーワードに入れると選別しやすいかなと思う。確実な確認方法は、転送速度の「10Gbps」。ケーブルのスペックに、これが記載されていれば間違いない。

Type-C を USB Type-A に変換するアダプターはNG

USB Type-C を Type-A に変換するアダプターは使ってはいけない。これは、USBの規格違反製品であり、パソコンが故障したり発火するリスクがあるそうな。

HDD、SSDの取り付け方

ケースに HDD や SSD を装着する際は、専用のパーツを取り付ける必要があります。

1セット

1セット/1台分

上のパーツ(1セット)が、4台分4セット同梱されている。専用ドライバが一つ付いているのは、なかなか親切。

HDD(3.5インチ)の装着方法

3.5インチHDDの装着は簡単。

ハードディスク固定用ハンドル

ハードディスク固定用ハンドル

「ハードディスク固定用ハンドル」と黒いネジ(×2)を取り出します。

HDDにハンドルを装着

HDD にハンドルを取り付けます。

ケースに装着

固定用ハンドルを手前にしてHDDケースに装着。装着する場所は上から順番に。カチっと音がすればOK。特に問題なく取り付けられました。

SSD(2.5インチ)の装着方法

2.5インチSSDの場合は、全てのパーツを使います。

全てのパーツを使う

全てのパーツを使う

まず「2.5インチ用マウンタ」に「ハードディスク固定用ハンドル」を取り付けます。向きを間違えませんように。ハンドルの丸い穴が下側(サイドの「UP」の文字が逆向き)になればOK。

次は、「2.5インチ用マウンタ」に シルバーのネジ(×2)で SSDを取り付けます。

マウンタにSSDを取り付け

その際、SSDの端子が上側を向くようにしてください。

端子は上側に

浮かせながら取り付けなければならないので、少し取り付けづらいかもしれません。

完成

完成

続いてケースに挿入。こちらもカチっと音がするまで入れます。なお、ケースへ挿入する時は、SSDの端子のある面を下側に向けます。

端子を下側に

上手くいけば、端子がズリズリと入っていく感覚の後、カチっと音がします。しっかり入った場合は、簡単には抜けません。

自分の時は最初、ケース側の基盤とSSDの端子がなかなか合致してくれませんでした。どこまで強く押し込んでよいのか分からず、ちょっとコワイ…。その場合、一度他の場所で試してみるとよいかも。自分のものは入りやすい場所と入りづらい場所がありました。

ただ「HDD、SSDの装着は上の段から順番に」とマニュアルに記載されているので、決められた場所に挿し直さなければなりません。他の場所に挿してみるのは、あくまで感覚を掴むため。でも、装着の感覚が分かるだけでも、だいぶ楽に挿すことができます。

ガチャベイ「LHR-4BNHUC」と「LGB-4BNHUC」の違い

今回紹介した「LHR-4BNHUC」とものすごく良く似た商品に「LGB-4BNHUC」がある。詳細は、公式サイトの紹介ページをご参考に。

クマ
仕様を比べても、同じ商品…だよね?
どうやら、「LHR-4BNHUC」はWEB直販限定モデル。「LGB-4BNHUC」は量販モデルらしい。
クマ
1点異なるのは、量販モデル(LGB-4BNHUC)のみ、サポートツールが使えるみたい

ロジテックツールを無償ダウンロード(量販モデル:LGB-4BNHUC のみ)

フォルダ自動バックアップツール 「Logitec フォルダミラーリングツール」、データ消去ツール 「Logitec ディスクデータイレイサ」、専用フォーマッタ 「ロジテックディスクフォーマッタ」がダウンロード可能。HDDやSSDをより便利にご使用いただけます。

どのツールも Windowsのみ対応で Mac非対応な模様。上記のツールが必要ない方や Macの方は、お安い方を買えば良いかと思います。

-商品レビュー

© 2020 ラボだもんで